障害のある

  全国の就労継続支援A型事業所の平成26年度の平均工賃は、月額66,412円と前年比より95.6%と低く、障害のある方が地方で安心して生活するためには、収入水準を上げていくことが課題となっております。 まごころ洗車隊では、障害者施設で働く障害者の子どもたちの工賃などの収入アップのため、子どもたちが真心込めて作ってくれた商品を販売しながら、工賃水準向上に向けた取り組みを行っています。 また、平成25年4月から、障害者就労施設等からの官公需の受注機会を拡大し、障害者就労施設で就労する障害者、在宅就業障害者等の自立の促進に資することを目的とした「障害者優先調達推進法(国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律)が施行されました。 しかし、障害者施設では、焼酎・パン・菓子・工芸品の製造や野菜等を栽培し、販売していますが、障害のある方が、まごころを込めて作った製品(まごころ製品)の、官公庁や企業、地域の方からの発注が少ない等、「まごころ製品」が県民の皆様にあまり知られていない状況があります。 このことを受け、まごころ洗車隊では、障害者の子どもたちがつくる「商品」を多くの方に知っていただき、購入していただくために「WEB購入サイト」を作成しました。 実際に子どもたちが働いている様子をご覧いただいた皆様には、一つでも多くの商品をご購入いただき、障害のある方の収入水準の向上、また地域で自立した生活にご支援いただいております。